薄毛の原因と予防方法について

近年、薄毛や抜け毛に悩む人が増えてきています。


多忙でストレスを抱えた人が多い現代社会の背景が、そこには関係していると言われています。薄毛の原因として、まず挙げられるのは男性ホルモンの過剰分泌です。
また遺伝もあり、代々受け継がれて髪の毛の悩みを抱えている家系も少なくありません。


そのほかに、ストレスや過労、老化なども大きく関係しています。

脳に血流が行き渡らないことで頭皮細胞にまで栄養分が行き渡らず、正常に育毛が行われないことも原因のひとつです。



ストレスが溜まったり寝不足が続くと、脳の血の巡りが悪くなり、喫煙も血の循環が悪くなるので、髪が抜けやすくなるとされています。

薄毛を治療するためにはまず、毎日の基本的な生活の見直しをして、バランスの良い食事を食べてしっかりと寝ることが重要です。

髪の毛には大豆製品や野菜、海藻類、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類が良いと言われています。



そうした食品を積極的に摂取するようにしましょう。

また最近は、育毛剤や育毛シャンプーもいろいろと販売されています。

頭皮の血流促進効果のあるものや、男性ホルモンを抑える効果のあるものなど、効果もいろいろあるので、自分に合った育毛剤を使い続けることが大切です。

また思い切って皮膚科を受診することもひとつの解決方法です。

皮膚科では薄毛の原因をきちんと調べてもらうこともできて、それに合った治療を行ってもらえます。

悩む前にいろいろと試してみるとよいでしょう。