薄毛についてのまとめ

日本人の男性には3人に1人が気にしていると言われている薄毛。

薄毛というのは、頭の髪の毛がだんだんと抜け落ちていき頭皮が見えてきてしまうことを言います。



薄毛は遺伝的要素も大きく、他に食生活やストレスといったこともあげられます。薄毛の予防のシャンプーの方法は、まず髪の毛を水で十分に濡らして軽く髪の毛を洗うことで、それだけでも髪の毛の汚れの大部分は落ちます。



そして、シャンプーは直接地肌には付けず少し泡だててから頭皮に付けて、痒くても爪は立ててはいけなく、指の腹で頭全体をマッサージするように優しく洗います。


仕上げに頭皮のツボを押していくのも良いでしょう。

髪の毛は必ず夜には、毎日洗うことをおすすめします、なぜならばその日の汚れがついたまま就寝してしまっては、頭の地肌にもストレスがかかってしまいます。シャンプーは低刺激のものが良いでしょう。

また、睡眠も大切な要素の一部です。夜は、育毛を助ける副交感神経の働きが1番活発になる時間帯ですので、夜更かしは薄毛にも良くありません。10時には寝るのがベストではありますが、せめて当日中には就寝につきたいものです。


夜は髪の毛が生える大切な時間帯なのです。

食事は髪の毛の主成分でもあるタンパク質を中心に、鉄分やビタミン、ミネラルなど、バランスよく食べることが大切です。
健康面にも言えることですが、かたよりなくまんべんなく食べることが大切です。



甘いものや高カロリーなものも、取りすぎには十分に注意しましょう。