harg療法の特徴と効果

頭髪は毛根の内部にある毛母細胞が細胞分裂する事により成長するのですが、常に成長しているわけではありません。

退行期や休止期という状態になってしまうと毛母細胞の分裂は行われなくなり、髪の毛は抜けたままとなります。


もちろん、再び成長期に移行するので毛母細胞の分裂も再開されるのですが、スムーズに移行する事が出来ない毛根が増加すると薄毛は進行する事になります。

薄毛が進行すると成長期も短縮されてしまうので、常に頭髪の全体量が不足した状態となってしまいます。

harg療法は、休止期の毛根に刺激を与える事により、毛母細胞の分裂を促進するという薄毛治療です。

また、頭髪に栄養を与える部分も刺激するので、成長期の状態を長期化させる効果もあります。



早く復活する上に寿命が長い頭髪が増加する事により、薄毛が改善される事になります。



harg療法は、頭髪の再生と成長の両方を活性化させる方法であり、どのような原因の脱毛症に対しても有効な効果を期待できるというのが特徴です。

ただし、効果が発揮されるためには条件があります。



それは、毛母細胞が生きているという事です。

このために、女性の薄毛に対してはharg療法により、改善される可能性が高くなっています。

女性の薄毛は、毛根が機能を喪失する様な状態にまで進行する事はまれであり、かなりの薄毛となってしまった場合でも毛根は機能しています。
つまり、毛根の奥にある毛母細胞が健全な状態という事であり、この部分を刺激する事により高確率での回復が期待できます。